薄毛の主な原因とは | 髪の毛の悩みとは、育毛剤が解決してくれます。
髪の毛

薄毛の主な原因とは

薄毛の原因にはさまざまな原因があげられますが、男性に見られる薄毛の主な原因としては、「男性ホルモンの影響」があげられます。
男性らしい体を作り上げるのにそれは欠かせませんが、男性ホルモンが酵素の一つである5αリダクターゼと結合してしまえば、強力な男性ホルモンを作り出してしまいます。この強力な男性ホルモンとは、皮脂を過剰に分泌させてしまう働きがあり、それが原因で抜け毛を引き起こしてしまうのです。
薄毛やハゲを予防するには、まず、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくのを防ぐ必要があります。それを防ぐのに効果的なアイテムとして、「育毛剤」があげられるのです。
また、こうした男性ホルモンの働きとは、「遺伝」も大きく関わっています。よく「ハゲは遺伝する」といった話を耳にしますが、それは実際にそうであり、男性ホルモンの働きは、遺伝するのです。
しかし、このような遺伝による男性ホルモンの働きも、育毛剤を使えば抑制することができます。
他にも、薄毛やハゲの原因には、「血行不良」もあげられます。血行不良に陥ってしまえば、血液に乗って運ばれるはずの栄養素が運ばれなくなり、頭皮には栄養が行き渡らなくなります。それにより、髪の毛に栄養を送ることも出来なくなり、抜け毛を引き起こしてしまうのです。
しかし、こうした血行不良による抜け毛も、育毛剤を使用すれば予防、改善することができます。育毛剤には、男性ホルモンの働きを抑制するものや血行促進効果のある育毛剤などさまざまな種類が存在しており、薄毛やハゲの症状や原因によって使い分けることができるのです。